FC2ブログ

土屋公雄のブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポッチと押して頂ければ励みになります。ありがとうございます!
kimio Tsuchiya Official Website はこちらからどうぞ

Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
岡倉天心とのちょっとした関係
 先日、自宅の仏壇の整理をしていると、その引き出しの奥から母方[中井家]の系図、さらに昭和57年5月21日付け福井新聞の切抜きが出てきた。記事の中身を次に記すと「天心の父は芦見出身/本県とゆかりの深い岡倉天心の父親 覚右衛門の出生地は、美山町芦見だった。覚右衛門は福井藩士の出身というだけで、出生についてはナゾの部分が多かったが、このほど芦見小・梅田秀彦校長がこのような新説を打ち出し、美術関係者の注目を集めている・・・・・。ただ これまで覚右衛門が芦見出身だということが明らかにされなかったのは、農家と藩士とでは余りに階級が違いすぎて、覚右衛門自身だれにも話さなかった為ではないか・・・・・。」という内容のものである。
 岡倉天心は本名を覚三と言い、1862年福井藩士だった覚右衛門の二男として、横浜に生まれた。後にアメリカ人教師アーネスト・フェノロサの影響を受け、日本の伝統的美術を再認識する一方、新しい日本の美術を切り開くために1889年東京美術学校[現在の東京芸大]を開校、横山大観・下村観山・菱田春草といった当時の優れた画家を育て上げ、日本を海外に紹介するための英訳本「東洋の理想」「茶の本」を著すなど、日本近代美術の先覚者として、広く知られた人物である。
 その天心の父が福井出身であり、僕の母方の遠縁にあたることは、生前母から幾度となく聞かされてはいたのだが、今改めてその系図を見ると、僕の曾祖母[中井なか]と岡倉天心は、いとこ同士であったということなのだ。

 ただ僕は芸大入試に二度失敗しており、このことの恩恵は全く受けていないのだ。・・・・・ザンネン。


ポッチと押して頂ければ励みになります。ありがとうございます!
kimio Tsuchiya Official Website はこちらからどうぞ

Date : 2007.05.08 Tue 01:09  未分類| コメント(1)|トラックバック(0)

  

コメント

管理人のみ閲覧できます


    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    1. 2010/02/05(金) 14:14:52 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimiotsuchiya.blog75.fc2.com/tb.php/7-3d147527

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。