FC2ブログ

土屋公雄のブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポッチと押して頂ければ励みになります。ありがとうございます!
kimio Tsuchiya Official Website はこちらからどうぞ

Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
一枚の絵
僕も歳をとったものだ。このところよく子供の頃の記憶がよみがえる。

7~8歳の頃だったか、我が家に突然、絵を売りに来た男がいた。年の頃なら30前後、作業服のような上下を着、いつ風呂に入ったのか髪の毛はボサボサ、どこから見ても風采の上がらぬ男であった。彼は家の前にリヤカーを横付けにし、数十点はあったであろう、白い布に包まれた絵を、一枚一枚丁寧に取り出し父に見せていた。ただ、最初のうちは絵心など皆無の父も、困惑げに首を傾げながら、不審気な男の話を聞いていたのだが、そのうち店の奥にいる母も呼び出し、会話に加わらせ、説明されるまま、真剣に絵の解釈に聞き入っていた。それまでは階段越しに、その突然の訪問者を何気に見ていた僕も、恐る恐る父と母の間に割り込み、リヤカーの上に広げられた絵を覗き込んだ。
彼の絵は、そのすべてが具象の風景画だったと記憶する。その中の一枚に海を描いたものがあった。今思うとなかなかの力作で、深いエメラルドグリーンが主体となり、鈍よりとした鉛色の空と荒れ狂う日本海が、重厚なタッチで抽象的に描かれた油絵だった。
その時は僕も、我が家が絵を飾るような家ではないことを知っていたので、まさか見ず知らずの絵描きから、絵を買うようなことはないと思った。
すると、突然父が「公雄は、どの絵が好きか?」と、聞くではないか。
僕は驚きと共に「この絵が好い。」と、とっさにあの抽象的な海の絵を指差し、父は苦笑いしながら「ああ、そうか。」と一言いい、その絵を買ったのである。
後にも先にも有り得ない、父がアートを買った奇跡的な一日だった。
絵描きも余程嬉しかったとみえ、サービスだと言い、絵には彼特製の額縁をつけてくれた。そしてその絵は、我が家唯一の芸術作品として客間に飾られることとなった。

しかしなぜ、あの時父は柄にもなく、嬉しそうに見ず知らずの絵描きから絵を買ったのだろう。当時の我が家は経済的にも決して裕福ではなかった。さらに死ぬまで父は「芸術は、分からん、分からん。」と、言い続けた人である。・・・・もちろん父は、見るからに貧しそうな芸術家に同情し、何かしらの支援をしなければ気持ちが治まらなかったのであろう。またあの時代、昭和30年という頃は、今よりもっと大らかな時代であり、人と人とが支え合いながら生きていた時代でもあった。

ただこの出来事は、結果、子供の僕に重大な影響を与えることとなるのだが・・・・・。


ポッチと押して頂ければ励みになります。ありがとうございます!
kimio Tsuchiya Official Website はこちらからどうぞ

Date : 2007.08.18 Sat 16:38  記憶のかけら| コメント(0)|トラックバック(0)

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimiotsuchiya.blog75.fc2.com/tb.php/19-ca366b7e

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。